アスリートたちも脱毛している

札幌の人気脱毛サロンが決定 >  アスリートと脱毛

アスリートと脱毛

少し前の話しですが、ロンドンオリンピックのときに体操の内村航平選手のワキ毛が話題になりました。さして毛深い体質でもなさそうな外見だからか、
そのボーボーぶりが異質な感じがしたのかもしれません。そのときに海外のアスリートの男性は体毛処理をちゃんとしているということも併せて話題となりました。

なんとなく日本人は、男性というのは生やしっぱなしであるものだと思っているところがあります。しかし海外の選手からみると、日本人のアスリートが体毛処理をしてないのは驚くべきことのようです。

その技術だけでなく技の美しさも重要な競技はもちろんですが、水泳や陸上のように0.01秒で結果が変わってしまうような競技の場合も、
体毛による少しの抵抗感をも減らしたいということで全身脱毛を施す場合もあるようです。

ネットでの情報ですが、サッカー選手はユニフォームで擦れたときの違和感を排除したいというのと、汗でムレて集中力が切れるのを恐れるという理由から、やはり下半身は脱毛しているそうです。

たまたま画面に映らない部分なので(当たり前!)わからないことですが、
この手の「美意識」とは違う理由での脱毛なら日本人選手も行っていそうですね。


内村選手もワキ毛処理をしたほうが、空気の抵抗感が少なく、技の精度が高まりそうな気がしますが、今ここで内村選手のワキ毛がなくなってしまったらそれはそれで話題になり、観る私たちもご本人も競技に集中できないかも。

あったらあったでやはり目につくし、なくても目につく。こんなことなら、ロンドン前にちゃんと処理しておけばよかったと内村選手は思っているかも。いや、全然思ってないかも。